人気ブログランキング |

タグ:レシピ ( 36 ) タグの人気記事

e0071324_20244428.jpg


デパ地下やお惣菜店によくある 気になる丸ごとトマトのサラダ

これって、トマトをくりぬくのが結構難しいですね

e0071324_1437155.jpg



ご感想・お問い合わせはこちらへ

e0071324_20213034.gifいつもクリックどうもありがとうございます
恋するお菓子Blogを応援してくださる方はココをクリックしてね


More
by m-sweets | 2007-04-06 20:51 | Trackback | Comments(0)

クッキーを作ろう!

e0071324_1344271.jpg


ルシアンクッキー
          スノーボール
                   ブールネージュ


と、まぁ 様々な名前をもつこの焼き菓子

簡単で・・・美味しい!と子供たちが言うので作りました。
このクッキーはお菓子教室を始める前にお友達から教えてもらったもの
サックサクで軽いですよ~
このクッキーが好き!って方は多いはず。
お教室ではやりませんので
ご覧になっている生徒さん、お好きな方は要チェックですよ。^^


材料と分量
製菓用コンパウンドマーガリン  225g
粉砂糖                 70g
薄力粉                300g
ベーキングパウダー       小さじ1
くるみ                 100g
仕上げ用粉砂糖           適量


準備
クルミを120℃で10~15分ほどローストしてから冷ましておきます。
生地の中に入れるナッツは余分な油分や水分をとばしておくことが大事ですよ。

マーガリンは室温に戻しましょう。

粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておくと作業がスムーズです。

作り方
やわらかくしたマーガリンに粉砂糖をふるって加えなめらかに混ぜます。
手で混ぜましょう。使い捨ての薄手のビニール手袋があると便利ですが
ふんわり泡立てる必要は無いですよ。
ここにフードプロセッサーで細かくしたクルミ、粉類を加えてマリーズでさっくり混ぜます。
マリーズってゴムベラのことですよ。
e0071324_144473.jpg

こんな風に混ぜた生地をビニール袋に平らに入れて冷蔵庫で約1時間ねかせましょう。
たくさん作ってコレを冷凍しておけば便利です。
食べたい時に焼くだけです!

では、コレをこんな風にカットして
e0071324_1485661.jpg

さらに2cmに丸めて   って・・・ちょっと不揃いですが・・・^^;
e0071324_1410255.jpg

160℃で23~25分焼きます。
こ~んな感じです。クッキー同士がくっつかないほうが良いですよ。
e0071324_14114037.jpg

荒熱が取れたら、粉砂糖をまぶして出来上がり!

もう一度出来上がり画像・・・
e0071324_1420545.jpg



油脂ですが私はコレを使っています。
軽いだけじゃない!コクもプラス・・・美味しいですよ♪
e0071324_13504419.jpg


ではでは、みなさま頑張って!作ろう!おー(^▽^)-☆

e0071324_20213034.gifいつもクリックどうもありがとうございます
恋するお菓子Blogを応援してくださる方はココをクリックしてね

by m-sweets | 2007-03-18 14:38 | Trackback | Comments(2)

ネットお菓子教室 Vol.2

ここの所数回登場している グミ を作りましょう。

e0071324_23135382.jpg




材料と分量

粉ゼラチン    25g
水         75㏄

果汁       250cc
グラニュー糖   50g
水あめ       50g

レモン汁    大さじ1

と、これだけです。

果汁は100%ジュース、それも透明なものが綺麗なのでお薦めです。
紅茶でも出来ます。
仕上げにレモンをたっぷり入れてレモンティーグミにしましょう。

作り方

1、まず、粉ゼラチンを3倍のお水でふやかします。

2、鍋に好みの果汁、グラニュー糖、水あめを入れて沸騰させます。

3、約半量になるまで煮詰めましょう。

4、火を止め、レモン汁、ゼラチンを入れて溶かします。(ココで泡が出てくるので)

5、しばらく置いてから表面の泡をキッチンペーパーで取り除き容器に移します。

6、冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです。

どうです?簡単でしょ!

材料も近くのお店で間に合いそうなものばかり。

じゃ、作ってみてね。^^


(注意)煮詰めすぎるとかたくなりますよ。
e0071324_23322528.jpg



e0071324_20213034.gif恋するお菓子Blogを応援してくださる方はココをクリックしてね
by m-sweets | 2007-02-20 23:37 | Trackback | Comments(4)

ネットお菓子教室 Vol.1

ブログに遊びに来てくださる方、コメントをくださる方、メールをくださる方、いつもありがとうございます。

お菓子教室の生徒さんとコミュニケーションの場としてはじめたブログでしたが、

画像を見てこのお菓子作れたらいいなと思っていらっしゃる方もいらっしゃるようなので

新シリーズをはじめます!

不定期ですがUPしていきますので、お家で作ってみてください。

今日から連休、バレンタインデー前

作った感想など質問でもいつものように、いえ はじめてのコメントでもメールでも大歓迎です!

近くのお店で手に入る、またはお家にある材料で簡単に出来るお菓子です。


第1回目は、生クリームで作る
 チョコレートマフィン
e0071324_1013648.jpg


材料と分量(マフィンカップ5個分)

生クリーム         80g(動物性脂肪47%)
グラニュー糖        60g
卵              1個
小麦粉           80g
ベーキングパウダー  小さじ1
スイートチョコレート    50g
チョコチップ         30g
スライスアーモンド     適量
粉砂糖             適量


作り方

1.ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、ホイッパーでふんわりするまで泡立てる。
2.ときほぐした卵を2回に分けて入れ、その度になめらかになるまで混ぜる。
3.小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、粉が見えなくなるまで混ぜる。
4.溶かした温かいチョコレートを加え混ぜる。
5.チョコチップも加えて混ぜる。
6.生地がなめらかになったら混ぜるのはやめて、5等分(約70gずつ)してカップに入れる。
7.スライスアーモンドをふりかけ、170℃のオーブンで約22分焼く。(焼き時間はめやす)
焼き色、焼け具合を見てオーブンから出す。仕上げにあら熱が取れてから粉砂糖をふるう。


小麦粉は強力粉を使用しています。
「えっ~~ お菓子作りは薄力粉じゃないの?」と思っている皆様
粉の旨みは「たんぱく質にあり!」ですよ。^^
私は国産無農薬の強力粉を使っています。(これはちょっと中力粉に近いです)
日本は小麦粉の種類がたくさんあるので迷いますね。
たんぱく質と灰分の配合で出来上がるものはかなり違いがありますので
薄力粉と強力粉を半々で使用するのがお薦めです。
伊達に「お菓子研究家」はやっておりません。^^;

チョコレートは㈱エル レイ ジャパンのカカオ分61%のミハオを使っていますが
スーパーで売っているスイートチョコレートでも十分に出来ます。
あ~そりゃお味は違ってきますが・・・・
お家で作るお菓子のよさは、自分で選べる材料です。 *^^*


そうそう、大事なことを忘れていました。^^;
私のオリジナルですので画像、レシピ、配合の転記転用はダメですよ~
でも、お断りくださればとてもオープンに対応しておりますのでおしらせくださいね。


e0071324_20213034.gif恋するお菓子Blogを応援してくださる方はココをクリックしてね
by m-sweets | 2007-02-10 11:07 | Trackback | Comments(0)

Vanilla バニラ

e0071324_13345969.jpg

ラン科のつる性植物。
15~20数センチの細長いさや状の果実を、
未熟な緑色のうちに摘み取り、加熱して発酵させたもの。
世界で2番目に高価なエピス。ちなみに1番はサフラン。

さやを開くと細かい黒い粒がたくさん入っていて、
これをクリームに混ぜたり生地に混ぜたりして香り高いお菓子を作る。

画像は、上からバニラオイル、タヒチバニラ、ブルボンバニラ。
そのほかに天然のバニラエクストラクト(バニラのさやをアルコールに漬けて
香りを抽出し、ろ過した茶褐色の液体。
粉末香料などもある。

私が普段お教室で好んで使っているのは、真ん中のタヒチバニラ。
保存の缶を開けた瞬間、いえいえ既に缶自体も甘い香りに包まれている。
中身の黒い種を取り出したさやは、お砂糖のポットに入れておくのがいい。
香りがずっと持続するし、お砂糖まで本当にいい香りなの♪


バニラオイル:画像のコレは普及品なので合成バニリンで作ったもの
         本来はバニラの香気成分(バニリン)を油脂に溶かしたもの。
         油溶性なのでバターを多く使った生地になじみやすい。
         耐熱性があり、焼き菓子に向くように作られている。
         合成香料は香りがきついので使用は控えめがおすすめ。

バニラエッセンス:水溶性香料
         水に良く溶けるので水分の多い生地になじみやすい。
         クリームに加える。

タヒチバニラ:南太平洋のタヒチ周辺の島で産する。
         バニリンの香りに加えてアニスやムスクのような香りがする。
         太くて短め。

ブルボンバニラ:インド洋の西アフリカ沿岸レユニオン(旧ブルボン)、マダガスカル産。
         インドネシア産のものもある。香りが産地によって違うかな。
         細くて長い。


ココまで書いたらレシピを載せるべき?
では、バニラ香るサブレをどうぞ!


【ディアマン・バニーユ レシピ】

e0071324_14363656.jpg
コンパウンドマーガリン    100g
粉砂糖              40g
卵黄              1/2個
タヒチバニラ          1/5本
薄力粉             120g

卵黄              1/2個
グラニュー糖          適量

先日の小学校でも子ども達と一緒に作ったもの。
もちろんタヒチ産バニラ使用です。
子どもなんか何でもいいのよ!って方もいらっしゃいますが、
子どもだからこそ合成ものではなく安全な本物を!です。

ワンボウルで出来て簡単。
材料を順に混ぜていくだけです。
3cmの棒状に生地を成形したら冷凍庫で休ませてから
卵黄を塗って、グラニュー糖をまぶしてからカットして焼きましょう。
by m-sweets | 2006-10-15 15:33 | Trackback | Comments(6)
カボチャのポタージュ
e0071324_144299.jpg

見てくださっている方が参考になれば・・・と思い今朝作りました。
朝は曇っていたので、撮影に丁度良いかな?
湯気も写ったら良いなぁ~と思い、器もスープもめいっぱい熱くして、
窓を開けて・・・
さっ寒~い(朝だし・・・)思いをしながら撮りましたが、
湯気は写ってくれませんでした。ガクッ

さて、何で冬至にカボチャを食べるかは主婦の皆様はご存知でしょうが、
一応・・・ネ!
日照時間が一番短くなる冬至。
寒い冬をのり切る昔の人の知恵ですね。
カボチャは本来夏に旬をむかえる食べものですが、昔の人は食料が無くなる冬まで大事に取って置いて体力低下を補うように食したのですね。

日本の今の食卓は、自給率100%とはとても言えなくて外国からの安い輸入品に頼っていますし、もともとカボチャは中南米の作物。今スーパーに並んでいるものは、南半球産(今は夏)の旬のものが届いていますよね。

栄養的にも大変優れているんですよ。
主な成分は抗酸化ビタミンのカロテン、ビタミンC,Eですから積極的に食べたい野菜の一つです。

風邪予防なの?って・・・そうですよ♪その通り。

では、更に風邪、老化、生活習慣病予防のレシピを

カボチャのポタージュM’s風
材料(4~5人分)
カボチャ・・・・・・・・・・・1/2個
人参・・・・・・・・・・・・・・・小1本
ブイヨン(スープ)・・・1リットル
玉葱・・・・・・・・・・・・・・1/2個
紅花油・・・・・・・・・・・・小さじ2
温州みかん・・・・・・・・小1個
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・200㏄
グランマルニエ・・・・・・・・少々
パセリ、シブレットなどの青み
塩・胡椒

作り方
鍋に油と玉葱を入れ炒める。
スープ、皮を取って適当な大きさに切ったカボチャと人参を入れ柔らかくスープが約半量になるまで煮る。
バーミックスでポタージュ状にする。
みかんを半分は果肉を形よく残し、半分はジュースにして加える。
牛乳を加え、塩コショウで味を整える。
(牛乳は好みで多く入れてもOK)好みの濃度、量にしてください。
香りにグランマルニエをほんのちょっと加える。
みかんの果肉、もうひと手間大丈夫な方は、人参とカボチャを小さいサイコロ状にして硬めに茹でたものを加える。
(私はスープで煮る時に一緒に小さなサイコロ状のカボチャも茹でて途中で穴杓子ですくって取っておきます。)
パセリを散らす。
アツアツの器に注ぐ。

抗酸化ビタミンって何って?
ビタミンA・B2・Cです。 活性酸素を掃除してくれるもの。

カロテンは油と一緒にとると吸収が良くなりますよ。
べにばな油を使うのは意味があるって事です。
ではでは、お試しを~

あ~そうそう先生は普段何を食べているんですか?納豆とかお新香とか普通のものも食べるんですか?と言う質問をいただきましたね。答えておきます。
今朝は納豆だったし、昨夜はブリの照り焼きでした。普通ですよ。
日本人は日本人本来の食生活をしたほうがホントは良いんです。
自然のものを自然のまま食べる方が生活習慣病は防げます。
でも、また美食も健康なりです。
まぁ、不摂生な私が言うと信憑性がうすいのですが、
人間は目で食べますからね。
雰囲気も綺麗に盛り付けることもたまにめちゃめちゃ美味しいものを食べることも、生命維持だけの栄養を摂る事と同じだけ重要なんです。

はぁ~今日は長くなりました。
ここまで読んでくださった方、ありがとう。お疲れ様!


人気blogランキングへ

ご感想・お問い合わせはこちらへ
by m-sweets | 2005-12-21 15:37

神奈川県、湘南大磯でサロン形式のお菓子教室を主宰しています。 お教室は、デモンストレーションと実習です。可愛いケーキを作っています。


by 恋するお菓子