大磯洋蘭園へ

e0071324_23100139.jpg

今年はいつ買いに行く?

義母に誘われて

例年のごとく

大磯洋蘭園へ

名前に惹かれて

「恋せよ乙女」を購入いたしました!

「恋する」

じゃないのよね

あの懐メロの こいせよおとめ~の歌から名前が付いたらしいです

と言っても私もこの錆の部分しか知らないんですけどね(と若ぶる)^^
e0071324_23072815.jpg

ピンク色の可愛いシンビジュームにしました


背も高くてとっても見栄えがするの





e0071324_23074988.jpg
アイスキャスケード
こちらも素敵




e0071324_23103470.jpg
ムーンライトシャドー

今年は暖冬で早めの出荷らしく

でも

色とりどりの美しいシンビジュームがまだたくさんありましたよ



e0071324_23081597.jpg
ザ・ツーバージンズ
e0071324_01423628.jpg
潮騒のメモリー
こちらは、まだお店にはない試作品らしいです





そして こちらは原種 「シンビジューム大磯」

小ぶりでピンク色の花をつけています

e0071324_23084440.jpg

昔々 明治大正~昭和の初めに

大磯の東小磯の辺りに「池田農園」広さ約10000坪という

南国のフルーツやお花を育てていた温室がありましたとさ


初代総理大臣の伊藤博文公の別荘「滄浪閣」があるいことは皆さんご存知だと思いますが


その西側に伊藤内閣時代に大臣職を歴任し第12代第14代内閣総理大臣の西園寺公望邸がありました


西園寺公望はその後、池田成淋に大磯の別荘地を譲り


池田成淋の息子さんが「池田農園」を作りました


オレンジや桃、メロン、そしてシクラメン、カーネーション、シンビジュームなどのお花も栽培していたそうです


この話を聞いた時


栄華を極めたウィーンのハプスブルグ家の


シェーンブルン宮殿敷地内のオレンジハウスが脳裏に浮かびました~


寒い地方なのに暖かい地方でしか育たない作物を育てるお金持ちの道楽!?


まぁそれはちょっと置いといて・・・


野山に咲くシンビジュームの原種は茶色や緑色の花が多かったそうですが


ピンク色のこの花を見つけて株分けをして増やしていったそうです


この小さな花がヨーロッパに渡って


今の立派なシンビジュームに品種改良され戻ってきて今日に至るそうですよ


原種「大磯」の方は、今は園芸家の手で大事に受け継がれているそうです


今年はあたたかいのでお花がどんどん育ってしまい出荷が早いとか…


大磯洋蘭園
「大学病院入口」のバス停付近(東海大学大磯病院)
TEL・FAX 0463-72-0222




♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

『バターなしだからすぐできる“大人かわいい”お菓子のレシピ』
SBクリエイティブ様より出版
中国「北京書中縁図書」様より出版
台湾「台湾東販」様より出版
e0071324_23260721.jpg

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


応援ありがとうございます♪にほんブログ村 スイーツブログ ケーキ教室へ
        ↑ココをぽちっとクリックしてね


トラックバックURL : https://diamant.exblog.jp/tb/23991523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by m-sweets | 2015-12-23 23:22 | Trackback | Comments(0)

神奈川県、湘南大磯でサロン形式のお菓子教室を主宰しています。 お教室は、デモンストレーションと実習です。可愛いケーキを作っています。


by 恋するお菓子