今月のお菓子

やはり早急に濃い色のお皿を買いに行かなくては・・・・・・・
“お菓子の写真撮り”は、簡単なようで難しい。
e0071324_20221586.jpg


もちろん私はフォトグラファーではない。
日本は世界に誇れるカメラメーカーがたくさんあって、誰でも安易にカメラが手に入る状況がある。
上手に撮れているだろうなんて錯覚をする。
錯覚ではなくしたい。
自分で作ったお菓子の美味しさを画像を通じて見てくださる皆様に伝えたい。
それには、美しく作ることが基本の基本。
一発勝負のデコレーション。勢いあまって・・・なんて事も有る。
ファインダーをのぞいた時はいいアングルかななんて思っても、画像をチェックするとちょっとした角度が気に入らなかったりする。
やっぱり難しい~
いざという時は、プロに頼むつもりなんだけど・・・ね。
その前に白いお菓子を綺麗に見せる黒いお皿を買いに行こう!

今月は、Lesson1のクラスは、スイートポテトと画像のブランーマンジェ
      Lesson2のクラスは、杏のタルトレットとブランーマンジェです。
今月末には、クリスマス特別講座もあります。
お楽しみに!クリスマス特別講座のお菓子は秘密です。

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-10 22:02 | sweets

一昨日前からパリの暴動事件と今日の外出禁止令はテレビ、新聞の海外ニュースのトップ記事。
e0071324_199119.jpg

友人知人生徒さんからもパリへ行っていたのが1ケ月前で良かったね。と皆さん心配してくれている。

パリで生活している日本人はたくさんいる。
先月お世話になったエコール・リッツ・エスコフィエの本科クラスの8名は全員日本人だったし、私の知人は舞台メイクを学びたくてやはりパリに留学していた。
パリの日本企業に勤める方たちも大勢いるだろう。
渡仏の数ヶ月前もパリ18,19,20区イスラム系移民の多い地区での火事のニュースが報道されていてた。
身内の方はきっと心配だろう。

ふともう14,5年前の事となるが妹が英国に留学していた時の事を思い出した。湾岸戦争が始まり遠く離れた国で生活している妹が心配で早く帰ってくればいいのにと思った。
でも、側にいることがしあわせや安心ではない。
今、自分を試す為に海外留学をしている方たちに気をつけて、そしてあきらめないで結果を出すまで頑張ってほしいと思う。

と同時に日本にいたって頑張れます。
パリで自分がしてきたことに自信を頂いて帰ってきました。
“オリジナリティー”を追求していきます。
まだまだ始まったばかり。
しあわせの時間を求めて、
楽しい美味しいおしゃれなお菓子教室展開しますよ♪
応援してくださいね。そしていつもこのブログを見てくださっている皆様ありがとうございます。

e0071324_1671228.jpg

ところで今日の画像は、L2クラスの杏のタルトレット
サクサク・ほろほろのタルト生地、甘酸っぱいあんず、そしてヨーグルト系やわらかな甘みのアパレイユ美味しいですよ。
こうゆうタルト、ちょっとその辺のお菓子屋さんには無いんじゃないかな。
遠くまでお買い物に行かなくてもそろう材料で簡単に出来て美味しいもの
・・・C’est tre’s bon!ですよ。




人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-09 19:11 | Paris

時間は作るもの

今日の用事が意外と早く13時には片付く。
13時から15時の間フリー・・・
この2時間、しかもお昼時。
とくれば、ここに行くしかない!!

予約も無しに、尾鷲シェフのお店、マリ-ルイーズに直行する。
13時を回っていたが、スタッフの笑顔に迎えられる。
カメラを忘れ、携帯電話で運ばれてきた美しいアントレ(前菜)を撮る。
e0071324_2044291.jpg
アントレ(前菜)とは、フランス語で入り口と言う意味。
つまり、コース料理の幕開けを飾り、この後に続くメイン料理への期待感を高める一皿だ。
でもでも、この美しさと美味しさを知っている私はお店のドアを開けた時から今日のアントレに期待感、大!
素材・バランス・香り・味・まさに五感で味わうシェフのスペシャリテ!
もうこれだけでも大満足なのだ。
この後メインディッシュ・デセールと続くのだが料理が運ばれてくるたびに新たな感動がある。

フランス料理 マリー・ルイーズ
平塚市八重咲町19-2 ココス八重咲1F
0463-24-0465
JR平塚駅西口(海側)徒歩2分 月曜定休

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-08 20:41 | お気に入り

モンマルトルの丘


ピカソやモディリアーニ、ゴッホ、ルノワールといった多くの芸術家達に愛されてきた街、モンマルトルの丘。
e0071324_22245351.jpg

石畳の坂を上るとテルトル広場に着く。
e0071324_22245722.jpg

ここはモンマルトル一人口密度の高い場所。広場いっぱいにモンマルトルの画家(似顔絵描き)が店を広げている。そこを観光客が似顔絵を描いてもらっていたり見物したり。モンマルトルの画家は見物客を惹きつける描き方をする。真っ白な紙の上にまず瞳から描く。画家の描いたその瞳が見物客の私たちを捉えてはなさない。そんな気がしてしばし立ち止まる。

e0071324_2231762.jpg

カフェで一休み。On se met la’?ここに座る?カフェをそれとも・・・Je prends un panache’.(パナシェにしようっと!)
決してお酒のみではありません。Parisの空気が自然にそうさせるんです。
アン パナシェ スィル ヴ プレ
e0071324_22373889.jpge0071324_2238147.jpg


お土産やさんで見た綺麗なものたち。

e0071324_22415075.jpg

e0071324_22423497.jpg


サクレクール寺院はモンマルトルのランドマーク。内部のドームにはモザイクのキリスト像、ビザンティン様式の白亜の聖堂。
e0071324_22432650.jpg


人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-06 23:13 | Paris

e0071324_17393444.jpg


Paris在住カメラマン都筑氏のブログを眺める。

私は1ケ月前、確かにParisにいた。

帰国後は家の事、お菓子教室の事、学校の授業の事、どれも待ったなしでParisの余韻に浸っている間も無く突き進む。

めまぐるしい毎日にParisを忘れそう。

画像は、シャイヨー宮からのエッフェル塔。



e0071324_17402687.jpg
そして携帯電話のカメラで、手のひらにエッフェル塔を乗せよう必死になって撮っている私。

結局手のひらにエッフェル塔は乗ってくれず・・・(角度がすご~く難しい!自分で自分を撮るのも難しい!)でもまぁ私はお写真は素人、こんな調子で点在するParisのパティスリー・ブーランジュリー・カフェレストランの食べ歩きをしてきました。

Parisはやはり好きな街。

少しずつ私の好きなParisを時間のある時にこのブログにUPして行こうと思います。
ブログをご覧くださっている皆様、宜しくお付き合いのほどお願い申し上げます。

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-05 17:51 | Paris
e0071324_2143014.jpg

クレープリーとはクレープ専門店のこと。
クレープはそば粉や小麦粉を卵や牛乳と混ぜて薄くのばして焼き上げたもの。
ブルターニュ地方の郷土料理です。
そば粉のクレープはガレットと呼ばれています。
現地では食事としてそば粉のガレットを、デザートとして小麦粉のクレープを食べます。そして合わせる飲み物はりんごのお酒シードルが定番です。
では、そば粉のガレットの基本レシピです。8枚くらいクレープが焼けます。

そば粉・・・・・・・80g(粗挽きで挽きたてのものが、おすすめ)
薄力粉・・・・・・・20g
塩・・・・・・・ひとつまみ
全卵・・・・・・・・・2個
牛乳・・・・・・・・100㏄
水・・・・・・・・・・100㏄
バター・・・・・・・・適量

材料を全て混ぜ合わせたらラップをかけて冷蔵庫で30分くらいねかせた方がいいですね。サラサラした生地の方が薄いクレープが出来ます。好みの濃度になるまで水でのばして下さい。
クレープパンまたはフライパンを温めてバターを大さじ1位入れて溶かし、そこへお玉一杯位の生地を回し入れて薄くクレープ生地を作ります。
表側は焼き色が美味しそうに付くまで焼いて、裏側は乾く程度に焼けばOKですよ。
好みの具を入れてくださいね。
定番は、グリエールチーズ、ハム、卵です。アーティーチョークやきのこ類を入れても美味しいですよ。
e0071324_216239.jpg
e0071324_2172246.jpg







人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-03 21:17 | Paris
e0071324_20104299.jpg

フランスでの食事って楽しみですよね。
フランス各地にそれぞれ特色のある郷土料理があり、ワインが有り、チーズがあり、お菓子がある。
地方も是非行かなくては・・・でも、今回はパリ。
パリのレストランは大小、高級から一般まで様々。たっくさんあります。よりどりみどり。
e0071324_20442556.jpg

Brasserieブラッセリー・Chez Flottes シェ・フロットへ
ブラッセリーとは気軽に食事とお酒を楽しむ所。んじゃ日本で言う居酒屋?と思われるかもしれませんが、かなり日本とは雰囲気が違います。
レストランとカフェの中間的存在でレストランは昼の時間(14:00)を過ぎるとお店をいったん閉めますがブラッセリーは時間に関係なく食事を摂ることが出来ます。
ここシェ・フロットの店内はステンドグラスが素敵でした。
アルフォンス・ミュシャが描くような女性のステンドグラスもありましたよ。
このお店はオーベルニュ地方の料理がお勧めになっていて、
オーベルニュ地方カンタル県で生産されるAOCチーズCantalとジャガイモを使ったソースがとっても美味しかったです。
チーズ専門店でカンタルを購入したら作ってみたいですね。
バケットやソーセージと一緒に食べると美味しいですよ~

e0071324_20451485.jpg

    
     PARIS 1区 CAMBOMカンボン通り    
    Brasserie Parisienne Chez Flottes
    2,Rue Canbon・Paris 1er
    Tel : 01 42 60 80 89


人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-11-02 21:00 | Paris
秋の果物・ワインソース

e0071324_1924451.jpg


町のスーパーでも、果物店でも、デパートでも今一番多く店先を賑わしているのが、洋梨(ラ・フランス)。
随分手ごろなお値段で購入できるようになりました。
日本のものは食べ頃のフレッシュを頂くのが一番美味しい食べ方でもあるのですが、
赤ワインで煮てさらにポリフェノール強化(強い抗酸化力で活性酸素に打ち勝つ)といきましょう。

e0071324_19244069.jpg


レストラン風にエレガントに盛り付けると、こんな感じ!
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
               では・・・


 

クリスマスバージョンって事で、これは・・・・・どう?

e0071324_19251229.jpg



人気blogランキングへ
 ↑ 笑えたらポチっと一票お願いしま~す。
# by m-sweets | 2005-11-01 19:47 | LE DECOR | Trackback | Comments(0)
e0071324_19583156.jpg


チキンの丸?焼き・カレーソース

ちょっと遊んでみました。このカブのような形、どうかしら?

実は数日前にこのブログに載せた
「詰め物をした若鶏のグリエ」です。
形を変えてソースも替えてみました。
全然違う一皿になっていますでしょ。
こちらのカレーソースの方が「美味しい!」と試食隊が申しますので・・・
バルサミコソースじゃ簡単すぎるし、
このさっぱり系のカレーソースでお出ししますね。
お楽しみに♪

当日はもうちょっとおしゃれな名前を付けておきます。

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-10-31 20:41 | 料理 | Trackback | Comments(0)

グラス・オ・ミエル

e0071324_16606.jpg


お稽古内容の今月のもう一品。
ミエルとは、フランス語でハチミツの事。
フランス産ラベンダーの蜂蜜を使った甘さ控えめのオリジナルアイスクリーム。
口どけすっきり、ほんのり後味にハチミツの香る美味しいアイスです。

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-10-30 16:12 | sweets | Trackback | Comments(0)

可能性は未知数

この画像は子供達の作品
e0071324_19415673.jpg
e0071324_19361962.jpg
e0071324_19371073.jpg
e0071324_19423370.jpg
e0071324_19431589.jpg


金曜日の今日は、地域の小学校でお菓子好きの4年生、5年生と
5,6時間目にお菓子作り。

今日のパフェは個人作品。

アイスクリームとチョコレートソースのデモンストレーション後、
子供たちは自分の作品作りに取り組む。
器まで持参する力の入れよう。
画像はほんの一部だが、一人一人が思い思いのパフェを完成。

誰かの真似をすることはなく、真剣に楽しそうに取り組んでいる姿に嬉しくなった。

それから、アシスタントの皆様にもいつもありがとう♪

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-10-28 20:27 | 食育 | Trackback | Comments(0)

試作 その4

e0071324_15593557.jpg


サーモンと卵のゼリーよせ

先日、フランス・パリの左岸にあるボン・マルシェ・ラ・グランド・エピスリーで買って食べたお惣菜が美味しかったので、その時の味をやや再現。
やや再現ってのは、かなり私好みの味に作っているから。
タイムなどのハーブを効かせたゼリー液、卵の半熟具合が美味しさを左右する。

残ったサーモンでバラの花を作りました。
お皿の中がぐっと華やかになりますね。
今年のクリスマス講座の前菜はこれにしようかな。

人気blogランキングへ
# by m-sweets | 2005-10-26 16:12 | 料理 | Trackback | Comments(0)

神奈川県、湘南大磯でサロン形式のお菓子教室を主宰しています。 お教室は、デモンストレーションと実習です。可愛いケーキを作っています。


by 恋するお菓子