Tarte Myrtilles ブルーベリーのタルト

e0071324_14321317.jpg

久しぶりにタルトを作りました^^

ブルーベリー・・・今が旬ですね!
先日購入した宮崎産は種子が口に残るので
今日使っているのは長野の国産ブルーベリーです

アーモンド入りのパートシュクレをホワイトチョコレートでコーティング
クレームレジュールをたっぷり
そしてブルーベリーとアクセントにピスタチオを
ナパージュで艶を出して完成です

ブルーベリーは果物自体がやさしい酸味なので軽めのクリームが合いますね♪


e0071324_20213034.gif人気ブログランキングに参加しています 
足あと代わりにポチッとお願いします♡


ご感想・お問い合わせはこちらへ




まずはファイトケミカルとはどんな栄養成分か?ということから

炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素はわたくし達が生まれる前1950年頃までに全て発見されていました

その後、1970年頃第6の栄養素として食物繊維が体に必要な栄養素として重要視されてきました。コレで体に必要な栄養素は全て見出されたと考えられていましたが

1980年以降植物学や薬理学の研究が進み、植物の中に人間の体内で重要な働きをする、ビタミンやミネラルの他に異なる物質が含まれている事が判って来ました

それがファイトケミカルです


ファイトケミカルは一つじゃない!

ファイトケミカルは植物自体が太陽の有害光線や虫などから植物自身を守る為に作り出す物質で、野菜や果物、豆類に含まれています

そしてその種類は数千種類以上、一つの野菜や果物に何種類も存在しているのです

ファイトケミカルの種類は色で分かれる!

ファイトケミカルは植物の色素を構成するものです

オレンジ色のカロチノイド系ファイトケミカル・βカロチンを多く含むもの
・にんじん・オレンジ・パパイヤ・あんず


赤色カロチノイド系ファイトケミカル・リコピン・カプサイシン
・トマト・赤ピーマン・グァバ・パパイヤ・ピンクグレープフルーツ・あんず


その他に黄色いフラボノイド
青いアントシアニンがあります

フラボノール ・たまねぎ・ほうれん草・パセリ・ケール・りんご
フラボン   ・豆類・ぶどう
カテキン   ・緑茶
フラバノン  ・柑橘類
アントシアニン ・葡萄・ビート・苺・赤ワイン・ブルーベリー
イソフラボン  ・大豆


まだまだ種類は書ききれないほどたくさんですが、


さてさて、ココまで来たら ブルーベリーの成分である
目の症状に効く青紫のアントシアニン類について

年をとったり(老化^^;)活性酸素の影響やパソコンなどで目を酷使したり物が見えにくくなるのは困りますよね

アントシアニンは光の刺激を脳に伝える役割のロドプシン(網膜にある色素体、脳に視覚信号を伝達すると分解され再び合成される。この繰り返しによって物を見ることが出来る。)の再合成を促進して、視力を回復します

また、毛細血管を強くしたり、血行を良くしたり
視力低下や眼精疲労に効果抜群なんですね


そして、高血圧や動脈硬化など生活習慣病にも有効と言われています

アントシアニンは特にブルーベリーの皮に多く色が濃いものほどたっぷり含まれています
すばやく効くので朝摂る事が良いと言われています
また、熱による破壊も無いのでジャムとして摂っても効果は同じです

でもね・・・目に対する効果は野生種のブルーベリーの方が有効なんですって
う~ん サプリでも摂れってことですね








e0071324_20213034.gif人気ブログランキングに参加しています 
足あと代わりにポチッとお願いします♡


ご感想・お問い合わせはこちらへ
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by m-sweets | 2007-07-30 16:06 | sweets | Trackback | Comments(0)

神奈川県、湘南大磯でサロン形式のお菓子教室を主宰しています。 お教室は、デモンストレーションと実習です。可愛いケーキを作っています。


by 恋するお菓子