『鏡』は円満・『開く』は末広がり


e0071324_2201913.jpg
お正月に鏡餅を供え、11日にこれらを割って食べるという習慣は、近世、武家から受け継いでいる日本の伝統行事。
この『鏡開き』は、本来一年の健康や幸福などを祈願しその成就を願うものです。

「お汁粉」にするのが一般的。
関西ではこのつぶし餡のお汁粉のことを「ぜんざい」って言いますよね。
では関東で「ぜんざい」って言うと・・・汁のほとんど無い濃い餡をかけたもの。
地域によっていろいろなのはあたりまえですね。
とにかく、今年一年皆様が幸せで健康に過ごせますように。
人気blogランキング

ご感想・お問い合わせはこちらへ
by m-sweets | 2006-01-11 22:30 | sweets

神奈川県、湘南大磯でサロン形式のお菓子教室を主宰しています。 お教室は、デモンストレーションと実習です。可愛いケーキを作っています。


by 恋するお菓子